英語学習のコツがわかるワンポイント講座

英語の前置詞inの使い方と覚え方

英語の勉強の中でわかりづらい物に前置詞があります。たくさんの前置詞の中でも比較的よく使用されるのがinです。誰もがイメージする意味合いとしては内側や中というような感じイメージします。

 

家の中で遊ぶなどの場合in the houseなどのような使い方をします。これはある空間の中を意味するもので、その空間の中を表す場合の使い方をする前置詞です。しかし空間の中といっても上下を覆われていなくても良いのです。

 

例えば、a bird in the gardenのように庭と言う囲まれた空間でなくても自分の意識している空間の中であればこのような使い方をします。間違い得やすい前置詞としてはatなどが考えられます。やはり同じく空間を現す前置詞としての使い方の為、どちらを使ったら良いのか迷う場合があるかもしれません。しかし、あくまでも内側や中という空間を現す場合の使い方であって、その地点を現すものではないので、しっかり区別して使うようにするべきです。

 

英語は日本語より簡単だと言いますが、結局日本人は何年も英語を勉強してもなかなか使いこなせません。やはりこのような前置詞などの使い分けが苦手意識をもたせることになります。自分の感覚で動詞と前置詞をセットで覚えることで、どんな状況の時にこの動詞と前置詞の組み合わせになるのか感覚で覚えてしまうと難しく考えずに済みます。いちいち意味を考えて覚えようとするから、わかりづらくなってしまいます。

 

come inやgo inなどのように動詞と前置詞のセットで頭の中でイメージしながら覚えることで自然と身についてくるはずです。丸暗記してもすぐに忘れてしまいます。それよりは子供が言葉を覚えるように単語を1つずつ覚えるのではなく動作とセットで覚えることで、忘れにくい英語が可能になります。

 

他にもたくさんある前置詞も動詞と一緒に覚えることで簡単にクリアできます。苦手意識をもたずに英語を勉強するコツの1つです。

推薦サイト情報

福岡でこれから住みやすい部屋を借りたいならこちら。
参考サイト:福岡の賃貸物件サイト